公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2019.01.22

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#13 SNSには「過激」が溢れすぎていないか。

最近SNSに過激投稿が溢れているそうですが…?

ほがらかSNSライフ先日、若い女がSNSで殺人予告をして逮捕されたそうだ。

何故そんなことをしたのか、殺したい奴がいるなら、それを止められなくなかったら絶対SNSには書くべきではないだろう

SNS大好きの私でさえ、担当を殺す時だけはツイッターに書かずに殺すと決めている、失敗したくないから、音もなく殺(ヤ)る。

しかしこの女の動機は「殺(ヤ)りたい奴がいる」ではない。

「過激なことを書けば、注目され日本中の人に見てもらえると思った」からだそうだ。

バカだと思っただろう。
実際バカではあるのだが「自分は絶対そんなバカなことはしない」と言い切れないのだ。

SNSの用途は様々である。コミュニケーションなど一切求めず、ただ掘った穴に、王様の特殊性癖など、リアルでは言えないことを叫ぶためだけにやっており、誰も聞いていなくて良いし、まして反応など求めていないという人もいるだろう。

しかし書くからには誰かに見てほしいという人も多いだろうし、見られたからには何か言って欲しい、そして出来るだけ多くの人に見られたい、つまり殺害予告するしかない、そして担当は殺すしかない。

途中若干の飛躍があったのと、最後の一文は特に趣旨に関係ないのだが、誰もが持っている「他人に構われたい」という気持ちがデブりきった結果がインターネットでの殺害予告などである。

つまり、誰でもやっちまう恐れがあるということだ。

だからと言って、承認欲求を消せというのも無理だ、人によっては、心臓を止めて生活しろ、と言っているに等しい

承認欲求があるのは良い、だが他人の気の引き方があまりにもブスすぎる、というのが問題なのだ。殺害予告など注意の引き方としては、絶世のドブスと言って良い。

法に反してなくても「好きな子ほどいじめてしまう」など、二次元のイケメンでなければ死ぬまでモテない異性の気の引き方や、寂しい、誰かに心配してもらいたいという時に「これはリスカ画像を載せるっきゃねえ」という発想に至ってしまう、承認欲求の満たし方がイチイチ攻撃的だったり、ネガティブだったりしてしまう人がいる。

それにくらべれば他人がそれを可愛いかどうか思うかはおいといて、可愛くとれたと思う自撮りを「ブス過ぎ(汗)」とか無駄なエクスキューズなしに載せている人間というのは、実に健全である。

寂しい時はある、一発SNSで他人の注意を引きたい夜もある。

ただそういう時こそ、その注意の引き方がブスになってないか気にした方がいい、自撮りがブスになってないかどうかよりよほど重要である。

ちなみに最も美しい人の気の引き方は「おキャット様画像を載せる」だ、覚えておこう。

次回は1月29日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻をオンライン書店で購入

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻の電子書籍を購入