公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2019.02.12

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#16 SNSから離れた人たちがしていること

SNSに振り回されないための付き合い方!

ほがらかSNSライフSNSの全てを憎んでいることでおなじみの担当の友人だが、先日まで「飯テロサーセンwww」とか言って、クソまずそうなラーメン画像をあげている奴にムカついていたそうだ。

ラーメンがまずそうに見えるというのは、おキャット様が可愛く見えない、の次に一大事である。
このように人間はムカつこうと思えば何にでも無限にムカつけるため、SNSで「ムカついてる人」をなだめるという作業は海の水をスポイトで捨てようとするぐらい時間の無駄だ。

もしSNSで突然ただムカつきたいだけの人に殴りかかられたら、殴り返したりはせず、今日は閉店だと、ブロックやミュートをするのが一番早い。

逆に言えば、自分がムカついてる時はSNSで何を見てもムカつく、ということである。そういう時はSNSは見るな、と前にも書いたと思う。

そして、この苛立ちの擬人化である担当の友人も最近それに気づき、SNSから離れることにしたようだ。

「遅きに失している」

誰もがそう思うだろうが、人間カスリ傷程度にはすぐ気づくが「首がなくなっている」など重篤な状態になると「逆に気づかない」ということがあるのだ。

そしてやっとSNSから離れる決意をした担当の友人が何をしているかというと「手芸」だそうだ。

ちなみに、キラキラアカウントを見に行くのがやめられない担当の後輩は最近「瞑想」を始めたそうである。

そういうムーブメントなのか。
しかしこれは人間が人生のうちで何度も繰り返す「マジョタク現象」である。

マジョタクとは、魔女村拓哉さんのことではなく、魔女の宅急便のことだ。

魔女の宅急便では、作中で魔女のキキが空を飛べなくなってしまう、ということが起きる。その時、絵描きのお姉さんが、自分も絵が描けなくなる時があり、どうしても描けない時は「描くのをやめて別の事をする」とアドバイスしているのだ。

このように、人間、何かに「アカン」と思ったら、その場であがくのではなく「そこから離れる」のが一番ということである。

私も一日一万回感謝のエゴサーチを欠かさないツイッター中毒だが、自分の調子が悪い時に、TLに立て続けに同業者のサクセス情報が流れて来たりすると「ツイッターは地獄だな、やらなきゃ良かった」と思う。

そんな時は、ツイッターを離れて、ストレッチをしたりする。

そうすることにより、あまりにもストレッチがクソつまらな過ぎて、ツイッターの楽しさを再確認できるのである。

つまり、担当の友人も後輩も「手芸細かすぎムカつく」とか「瞑想をすると必ず隣の部屋の住人がセクロスを始める」等の理由で「やっぱSNS最高だな」と戻って来るかもしれないということだ。

もちろん、手芸や瞑想の方にハマって、やたら周囲にハンドメイドのものを配る厄介な人になったり、インドに行ってしまったりするかもしれないが、それでも良い。

重要なのは苦しい場所で粘るより「その時楽しいことをする」ということである。

次回は2月19日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻をオンライン書店で購入

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻の電子書籍を購入