公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2019.03.12

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#20 SNSアカウント、特定されても平気?

SNSで怖い思いをしないために、今すぐできることは?

ほがらかSNSライフ担当の友人はSNSには飽きているが、未だに合コンで良さげな異性に出会うと名前をフルネームで聞いてしまうと言う。

何故そんなことをするかと言うと、相手のSNSアカウントを特定するためだそうだ。

我々、古のインターネットキッズは、ネットで安々と真名を明かすなというFateみたいな世界観で育てられているため、ネットに本名を晒すぐらいなら「乳頭おしゃぶり丸」というハンドルネームを喜んで名乗る奴らばかりだった。

しかし時代は変わり、facebookなど、本名と思しき名前で登録している者多数であり、おしゃぶり丸が全くいない。

さらに本名どころか、顔写真まで普通に出しているものも少なくないのだ。

我々太古のインターネット戦士は、ネットで顔を見られたら相手を殺すか愛するかの二択、という女聖闘士のような教えを受けているため、ネットに本名や顔を出している人を見ると「怖くないのか」と思ってしまう。

逆にそういう人から見れば、貴様は何を恐れているのだ、という話だろう。

まず、安全性の問題である。

本名と顔がわかっていれば、所属先や学校、住所までリーチだ。

そしてインターネットにはいろんな人がいるため、例え見ず知らずの人間でも名前と住所がわかるや否や「これからそいつを、今からこいつを殴りに行こうか」とヤーヤーヤーな気分になってしまう人が現れないとも限らないのである。

乳頭おしゃぶり丸なら、少なくとも本名顔出しよりはヤーヤーヤーされる可能性は低くなる。

また、本名顔出しが出来る人間というのは実生活とSNSのギャップが極めて少ないタイプだと思われる。

「今夜はナイトプールに行くの」と言って会社を出て、その日の内にSNSにナイトプールの写真をあげているような奴だ。

だが、世の中には、会社ではただの地味で無口で暗い人なのに、SNSではシンカリオンのハヤト君の話と、その息抜きにレイ君の話しかしていない奴もいるのだ。

そんな人間が会社の者にアカウントがばれたら「何にも言えねえ!」という金メダル状態になってしまい、今までの投稿を全部消して、天気の話しかできなくなってしまう。

よって、アカウントバレを防ぐため、本名、ましてや顔を出すなど持っての他なのである。

このように、SNSを実生活の延長線としてやっている者もいれば、そこから完全に切り離した、むしろ現実からの避難場所としてSNSをやっている人間もいるのだ。

だが、本名を明かさず、全く実生活は話をせずに妖怪ウオッチの考察ばかりしていても、それで身元が割れないと考えるのもスイートなのだ。

私は昔、画面から出てこない男の話ばかりしているHPをハンドルネームでやっていたが「HPをやっている」と言っただけで特定されたことがある。

有識者が「その気」になれば割とすぐ知れてしまうのだ。「ネットの匿名性」を過信してはいけない。

避難場所が知られては意味がない。

絶対に知られたくない場所なら、乳頭おしゃぶり丸ならバレないだろう、などと甘い事は考えず、鍵アカウントにする、などそれなりの対策を徹底すべきだろう。

次回は3月19日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻をオンライン書店で購入

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻の電子書籍を購入