公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2018.10.16

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰 浅草・緑泉寺のお坊さんによる人生相談

#1 今週、気づいてほしいのは「人間関係は一瞬一瞬、変わり続ける」ということ。

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

憂鬱な月曜日を過ごしている方へ、ちょっとだけ心が楽になる、料理僧・青江覚峰さんによるお悩み相談コラム。一緒に今日を乗り切りましょう。

はじめまして、青江覚峰です。漫画「サチのお寺ごはん」の監修をしています。

「サチのお寺ごはん」では、毎回、“ツイていない”といつも自分の境遇を嘆く27歳のサチが直面する様々なお悩みを取り上げています。こちらのコーナーでは、読者の皆様や編集スタッフの方から寄せられたお悩みにお答えしていきます。

皆様のお悩みがサチの生活に反映され、僕の答えが源導さんの言葉になる。そうやって一話がつくられていくんだなと想像しながらお読みいただけら幸いです。

・他人から頼まれた仕事を断れず、残業続きの日々ですが、何も言えません。

断れないという背景には「断ったら嫌われるかもしれない」「関係がこじれたらどうしよう」という不安があるのではないでしょうか。

ズバリ言ってしまえば、断ろうが断るまいが関係は変わっていきます。良いほうに変わるか良くないほうに変わるかはわかりません。そもそも良いほうというのも「今の自分にとって都合のいいほう」に過ぎず、その自分の都合だって、時間や環境の変化によって変わっていきます。

お釈迦様は世の中のことを「諸行無常」と言いました。すべての物事はそのままで変わらないということは絶対にないという意味です。

例えば目の前にあるお饅頭。これもしばらくすればカビが生え、腐って食べられなくなります。私達はカビが生えて初めてそれに気がつきますが、人の目には見えないようなゆっくりとした変化が、一瞬一瞬のうちにお饅頭に生じています。

人間関係も同じ。一瞬一瞬変わっているのです。

断っても断らなくても、どのみち変わり続ける関係なのであれば、単純に「この仕事は自分がやるべきなのか」「やりたいのか」ということを、相手の顔色を見ず仕事というタスクだけにフォーカスして考えてはいかがでしょうか。その結果、やりたい、やるべきだと思うものは受け、そうでないものは素直に「ごめんなさい」と言う。それくらい気軽に考えてもいいと思いますよ。

青江覚峰拝

次回は10月23日更新です。

次の回を読む
『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

憂鬱な月曜日を過ごしている方へ、ちょっとだけ心が楽になる、料理僧・青江覚峰さんによるお悩み相談コラム。一緒に今日を乗り切りましょう。

『サチのお寺ごはん』コミック1巻をオンライン書店で購入

『サチのお寺ごはん』コミック1巻の電子書籍を購入

『サチのお寺ごはん』コミック6巻をオンライン書店で購入

『サチのお寺ごはん』コミック6巻の電子書籍を購入