公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2019.02.26

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#18 禁じられたこと、やってない?

最近話題のあの法案。私たちのSNSライフはどうなっちゃうの?

ほがらかSNSライフ最近「ダウンロード・スクショ全面禁止法案」がネットを賑わせている。

これが大騒ぎになっているのは「ネット上すべての物に対しスクショ禁止」という誤解が広まっているからだ。

正確には「海賊版など違法なものと知りながらダウンロード、スクショするのを禁止する」というものである。

妙にスタイルが良すぎることで有名な「STOP映画泥棒」で「違法にアップロードされた音楽や映像と知りながらダウンロードすると二年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金」と毎回映画を見る前に聞かされているだろう、その中に「漫画・小説・雑誌・写真・論文」が入るということだ。

つまり、違法でない公式にアップされた画像を私的に保存やスクショをするのはこれまで通りOKということだ。

この法案が出来たのは、近年、漫画などの海賊版や違法アップロードが大きな問題になったことからだろう。

よってこの法案は順当なものとも言えるが、これは広く言うと「一部が目に余るとお上が動くしかなくなる」ということであり、そうなると我々のネットライフは縛りがキツくなる一方なのだ。

もちろん海賊版に関しては取り締まるべきだが、今後「そこまでせんでも」という法案が出てくる可能性は大いにある。

しかし「そこまでせんでも」となるのは「そこまでせんと手に負えない輩がいる」からだったりするのだ。

例えば、最近は飲食店でみんな息をするように料理の写真を撮りSNSにアップしていると思う。

だが、SNSで映える料理の写真を撮るために店で暴虐の限りを尽くし他の客に迷惑をかける者が続出し、それがあまりにも目に余るようなら当然「警察は何をやっているんだ」という話になる。

その結果「飲食店での撮影全面禁止」という法案が出来ないとも限らないのだ。

漫画もそうだが飲食店もSNSでの口コミが命なところがある。それを禁じられるというのは痛い。つまり自分の行動如何で「誰も得せず、ただネットが窮屈になる」という自体が起こりかねないということである。

また法案を作る側が全員その界隈に詳しいとは限らないので「漫画の違法なんたら?よくわかんねーけど全部禁止にすれば解決です」という、一部の違法を撲滅するために、界隈が皆殺しされるという事態にもなりかねない。

もちろん日本は著作権など権利関係に緩いため、もっと厳格化すべきというのもわかる。

自分もその緩さに甘えているところがあるし、またその緩さのせいで自らが実害を被る可能性もあるため、一概に「いいんだよ細けえ事ア!」とTHE松田みたいなことは言えないが、己の行動がインターネットの縛りをキツくさせるかもかもしれない、ということは覚えておいた方がいいだろう。

次回は3月5日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻をオンライン書店で購入

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻の電子書籍を購入