公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
マンガ 2022.02.10

『コンプレックスをほどよい距離から見つめてみた』hara 毎月第2・4木曜日更新です!

#7 マスクで心を守っていた頃

『コンプレックスをほどよい距離から見つめてみた』hara

見た目、年齢、人間関係、性別など…誰もが抱えるコンプレックスに、正面から向き合うのではなく、無理なくほどよく見つめてみると新しい自分が見つかるかも。

『コンプレックスをほどよい距離から見つめてみた』

『マスクで心を守っていた頃』

すっかりマスクをつけて外に出るのが日常になりましたね。
そんな中たまにコロナ禍前の、マスクなしじゃなかなか外を歩けなかった頃のことを思い出します。

いつか「マスクなしでも大丈夫だよ!」という時代が来た時に、みんなせーので手放せるのかな?
いや、難しい人も多いんじゃないかな?
そしてそんな自分を責めてしまったりして…?

連載の第一回で、「コンプレックスを撃退するためのお守りに、コンプレックスより疲弊させられちゃたまらない」というお話を描かせていただいたのですが、お守りを手放す以外にも、「使う自分を罪悪感で追い詰めない」という選択肢もあるんだよ!とお伝えできたらいいな。
そんな気持ちで描いてみました。
とはいえ、コロナ禍は早く収束してほしいな…!

【公開期限が終了しました】

ちひろさん
前の回を読む 次の回を読む

他の回を読む

誰もが大なり小なり抱えている、もしくは抱えてないのに世間から押し付けられがちなコンプレックスについて、克服したり、愛そうとしたり、跳ね除けようとしたり、でもやっぱり落ち込んでしまったり。いろんな付き合い方がありますが…
 
ひとまず程よく距離を置いて、観察してみるとどうなるだろう?
君(コンプレックス)、いつからいるの、どこから来たの?じっと見つめてみたら何が見えてくるだろう?

ご感想フォーム