公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
マンガ 2022.09.22

『コンプレックスをほどよい距離から見つめてみた』hara 毎月第2・4木曜日更新です!

#21 自分の『好き』に気づくこと

『コンプレックスをほどよい距離から見つめてみた』hara

見た目、年齢、人間関係、性別など…誰もが抱えるコンプレックスに、正面から向き合うのではなく、無理なくほどよく見つめてみると新しい自分が見つかるかも。

『コンプレックスをほどよい距離から見つめてみた』

『自分の『好き』に気づくこと』

数年前の私は、漫画に描いたように「冬に合う髪色」なるものを模索しておりましたが…
つい最近(今年の春先)にも、なんとなく明るめに髪を染めた時「夏の先取り?」と知人に聞かれたりしたこともありました。
「季節に合う髪色」って、結構イメージが根強いのかな?

自分の中のこだわりや好きなもの、落ち着く色など…
そういうのって意外と、自分の軸やメンタルを大きく支えてくれているもので。
それが髪の毛みたいな体のパーツであれば、より気持ちやコンディションに密接してるんじゃないかな?と思ったりします。
「なんだかしっくりくるorこない」という感覚、これからも大事にしたい…!

【公開期限が終了しました】

ちひろさん
前の回を読む 次の回を読む

他の回を読む

誰もが大なり小なり抱えている、もしくは抱えてないのに世間から押し付けられがちなコンプレックスについて、克服したり、愛そうとしたり、跳ね除けようとしたり、でもやっぱり落ち込んでしまったり。いろんな付き合い方がありますが…
 
ひとまず程よく距離を置いて、観察してみるとどうなるだろう?
君(コンプレックス)、いつからいるの、どこから来たの?じっと見つめてみたら何が見えてくるだろう?

ご感想フォーム