公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
マンガ 2022.11.01

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比

#3 クジラの子らは砂上に歌う

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
『クジラの子らは砂上に歌う』
ちひろさん
前の回を読む 次の回を読む

コミックスを購入

『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/1巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/2巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/3巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/4巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/5巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/6巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/7巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/8巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/9巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/10巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/11巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/12巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/13巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/14巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/15巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/16巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/17巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/18巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/19巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/20巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/21巻

紙書籍 電子書籍
『クジラの子らは砂上に歌う』

『クジラの子らは砂上に歌う』梅田阿比/22巻

紙書籍 電子書籍

他の回を読む

砂がすべてを覆いつくす世界。 砂の海に浮かぶ漂泊船"泥クジラ"。 そこで暮らす人々の多くは、感情を発動源とする "サイミア"と呼ばれる超能力を操る短命な種族だった。 「外界から閉ざされた"泥クジラ"で短い一生を終える──」 その運命を受け入れる少年チャクロは、 ある日突然漂着した廃墟船の中で、 一人の少女と出会い、その運命を大きく変えてゆく。 恋も、友情も、死も。 すべてこの巨大なクジラの上で。 この島が、私たちの大事な世界のすべてだった──

ご感想フォーム


    『クジラの子らは砂上に歌う』コミック1巻をオンライン書店で購入

    『クジラの子らは砂上に歌う』コミック1巻の電子書籍を購入

    『きみを死なせないための物語』コミック22巻をオンライン書店で購入

    『きみを死なせないための物語』コミック22巻の電子書籍を購入