公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
トピックス 2019.11.21

【特集】

劇場アニメ「フラグタイム」伊藤美来&宮本侑芽インタビュー<後編>

3分だけ、あなたのこと好きにさせて──。二人の女子高生の青春を描いた傑作コミック「フラグタイム」がOVA化され、11月22日より期間限定劇場公開されます。1日3分間だけ時間を止められる気弱な高校生、森谷美鈴と、なぜかその効果がないクラス一の美少女、村上遥の恋と友情の物語。声の出演を果たした森谷役の伊藤美来さんと村上役の宮本侑芽さんが公開前の心境を語りました。

「フラグタイム」原作を試し読みする

──どちらにも共感するところがあると思うんですけど、自分はこういうところが似ていると思う箇所はありますか。

伊藤 「似ているのはやっぱり森谷ですね。私自身、学生時代はクラスメイトの元気なノリにうまく入っていけなかったですし、一気に話されると焦ってわかんなくなっちゃうこともあったりと、割と人見知りなところがありますので、そこは“森谷、わかるわかる”って思うんです」

宮本 「私は完璧に村上派ですね。小さい頃から劇団に所属していたので、ずっと周りに大人がいる環境で生活していると、どこか本心をさらけ出せなくなったりして、逆に同世代と話すのが難しくなった時期もあったんです。だから、村上にすごく共感しましたし、私自身が森谷に助けられたようなところがすごくありました。実は高校時代に壁を作っていた自分を救い出してくれた友だちがいたのですが、その時はありがたみが全然、わかってなかったんです。『フラグタイム』を読んで、“ああ、私はあの子に救われていたんだ”とはっとしました。いまの自分があるのはあの子のおかげ。私にとっての森谷だと感謝しています」

フラグタイム

──声を入れる前と後だと、親近感というかキャラクターへの思いも変わってきましたか。

伊藤 「そうですね。より共感しますし、自分自身が森谷に引っ張られたこともたくさんありました。演じていくなかで、自分とリンクする瞬間もあったりして、“いますごくキャラクターと近付けてる”って思いながら収録できたことはいい経験になったと思います」

宮本 「最後のシーンで森谷と村上が言い合うシーンがあるんですけど、そこのシーンでは、森谷から言われる台詞に心を動かされましたし、村上の話す言葉の一つ一つが自分にもとても響いてました。村上に共感することは沢山ありましたが、ようやく最後のシーンで本当の村上を知れた気がします。」

フラグタイム

──最後になりますが、もし森谷のように3分間、時間を止められたら、何をしますか。

宮本 「先日、友だちと回転寿司に行ったんです。3貫、乗っているお寿司を友だちと一つずつ食べたら、1貫余って、遠慮していたら、お手洗いに行っている間に食べられてしまったんです。あの時は3分止めて、食べればよかったと思いました(笑)」

伊藤 「私は列に並んでる時とかに、ちょっと止めて休憩しに行きたいです。長時間、並んでると疲れてしまうので、少しの間座われたり、お手洗いに行けたらいいのになって切実に思います(笑)

フラグタイム

【特集】

Souffleでは毎月、人気の作家さんのインタビューや対談が読めます。また来月の更新をお楽しみに!

『ちひろさん』コミック7巻をオンライン書店で購入

『ちひろさん』コミック7巻の電子書籍を購入