公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2019.09.09

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰 浅草・緑泉寺のお坊さんによる人生相談

#40 時間が経つのが怖い

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

今週の相談:20代後半になり、自分はもう若くないのではないか、という焦りから日々予定を詰め込むようになりました。詰め込めば詰め込むほど、私は安心感と満足感で満たされます。しかし最近、何のために予定を詰め込んでいるのか、自分自身でよくわからなくなってきました。予定が予定通り回らなくなる事も増え、心身ともに疲労が溜まってきているのも感じます。どうすれば私はこの焦燥感から解放されるでしょうか。

20代後半は全然若くなんてありませんよ!

と言ったら、びっくりされてしまうでしょうか。でも、そのあとにこう付け加えましょう。
10代の頃と比べて、と。

過去のことも未来のことも何一つ考えず、ただ感じるままに生きていた子ども時代。
大きな義務や責任を負うことなく、未来への希望と疲れを知らない体でいつまでだって何かに夢中になれた学生時代。
そこから考えたら、なんと遠くまできてしまったことか。
自分はもう若くないのではないか、と漠然とした不安をお持ちのようですが、それは半分正解です。
以前に比べれば、決して若くはありません。

けれど、だからといって不安に思う必要は全くありません。
だって20代後半は、まだまだとっても若いのですから。
もうすぐ迎える30代。そのあとにやってくる40代、50代。もう中年ですね。還暦を越えたら老人の仲間入りです。
その頃になったら、きっと今のことを振り返ってこう思うでしょう。
自分もずいぶんと若かったな、と。

さて、年齢を重ねていく不安から予定を詰め込むようになったとありますが、別にいいと思いますよ。
それで安心感と満足感で満たされるのですから、何も困ることはないでしょう。
問題は、予定を詰め込みすぎてうまく回らなくなり、心身ともに疲れてしまうことですね。
これを解決するのも簡単なことです。予定を詰め込みすぎなければいいのです。

抱えている不安に対処する方法、つまり、忙しく予定を入れて動き続けていれば安心できるという自分なりの対策を知っているというのは素晴らしいことです。

あとは、「腹八分目」という言葉があるように、何事においても言えることですが、加減をわきまえることが重要です。

それこそ、年齢を重ねれば体力も落ち、前と同じようには動けなくなることもあるでしょう。
今の自分としっかり向き合い、ちょうどよい塩梅を探っていってください。

次回は9月16日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

憂鬱な月曜日を過ごしている方へ、ちょっとだけ心が楽になる、料理僧・青江覚峰さんによるお悩み相談コラム。一緒に今日を乗り切りましょう。

『サチのお寺ごはん』コミック1巻をオンライン書店で購入

『サチのお寺ごはん』コミック1巻の電子書籍を購入

『サチのお寺ごはん』コミック6巻をオンライン書店で購入

『サチのお寺ごはん』コミック6巻の電子書籍を購入