公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2020.03.02

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰 浅草・緑泉寺のお坊さんによる人生相談

#64 ものをすぐ失くしてしまいます。

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

今週の相談:免許証やお金など、大事なものをすぐ失くしてしまいます。その都度気をつけなければ…と思うのですが、なかなか直りません。どういったことを心がければこの癖は直りますか?

無くて七癖と言われるくらいですから、どんな人にも少なからず癖というものがあるわけです。ですから、単刀直入に言えば、癖だから直りません、と言うしかないのです。

とは言え、日常的にものを失くしてばかりではそれなりに困ることもあるでしょうし、周りの人に迷惑をかけることもあるでしょう。悪癖が直らないなら直らないなりに少しでも手立てを講じるとしたら、例えば数をたくさん用意するとか、所定の位置を決めるとか、ありきたりですがそういった小手先の対策を片っ端から試してみるしかないです。それでも、その中で自分に合ったやり方が見つかれば儲けもので、何をやっても結局駄目かも知れません。

一つ言えるのは、「その都度気をつけなければ…と思うのですが」とありますが、所詮その程度の困り具合であって、本当に致命的なトラブルに陥ったことがないというのが原因の一つなのではないかということです。致命的なトラブルというのは主観的なもので、周りの人からすればとんでもないミスでも、当の本人は大したことないと思っている場合もあります。

それでも、例えばついつい横断歩道のない場所で通りを渡ってしまう人が、実際に大事故にあって生死の境をさまようような経験をすれば、そう安易に同じ過ちは侵さないように肝に銘じるに違いありません。少なくとも何年かは。

程度の差はあっても、ものを失くすという癖にも同じことが言えて、それによって一夜にして全財産を失うような事態にでも見舞われれば、日頃の振る舞いにも違いが現れるはずです。そんなトラブルには遭遇しないほうがいいですし、一生そんな目にあうことなく、結局癖は直らないままかもしれません。

そういったものは持って生まれたものなので、根本的に改まるということはないでしょう。そんな癖を持って生まれてきてしまったという偶然と同じように、ショック療法になるような事態に直面する偶然だって起きないとは限りません。

そんな偶然をただぼんやり待つ間にも、細々とやれることはあるものです。地道な努力工夫を続けることで、少しは改善されていくことを期待するしかないですね。

前の回を読む 次の回を読む
『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

『月曜日のお寺ごはん』青江覚峰

憂鬱な月曜日を過ごしている方へ、ちょっとだけ心が楽になる、料理僧・青江覚峰さんによるお悩み相談コラム。一緒に今日を乗り切りましょう。

『サチのお寺ごはん』コミック1巻をオンライン書店で購入

『サチのお寺ごはん』コミック1巻の電子書籍を購入

『サチのお寺ごはん』コミック7巻をオンライン書店で購入

『サチのお寺ごはん』コミック7巻の電子書籍を購入