公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2020.02.12

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#69 裏垢、持ってる?

担当も作ったことあります。

ほがらかSNSライフ少し前に「裏垢女子」という言葉が話題になっていた。

裏垢女子とは、友達や家族とやりとりする本アカウントとは別のアカウントを持っている女子の事である。

もう字面からして、本垢ではつぶやけないような陰湿な悪口を書きこむためのアカウントを持っている女、という感じだが、必ずしもそうではない。

雑多なことをつぶやく本アカウントに対し、育児やコスメ、ツルバニアファミリーの赤ちゃん、など「悪いが、俺はここではこの話しかしない」と、話題を区別するために違うアカウントを作るのも、ある意味裏垢である。

また、悪口を書いたりするつもりはなくても、友人知人、まして会社の人間などにフォローされているような状態では、突然推しが尊い時などに「…っ…シコっ…」とつぶやく場がなくて爆発してしまう。

よって恥をかき捨てられる「誰も自分のことを知らない場所」として、裏垢を確保している人もいる、

だが実際、ここにはとても書けない、戦前の教科書のように黒塗りにされてしまう悪口や愚痴を書くために裏垢を持っている人がいるのも事実だ。

裏垢の説明ページには、裏垢なら、何を書いても影響がないし、本人に見られることもない、などと書かれているが、月餅をあんパンでホットサンドするようなスイートさだ。か。か裏垢だろうかネットに書きこんでいる時点で流出するし、ばっちり本人が見る危険性がある。

また「闇垢」というのもある。

文字通り「死にたい」「家に帰ったらまずストゼロをプシュッ!手首をスカッ!くう~たまりまへん!」みたいな病んだツイートをするための垢である。

また、本垢で言えないことを言うためではなく、セクシーな自撮りをあげてチヤホヤされるために裏垢を持つ人間もいるそうだ。

総じて言えることは、みな本垢だけではストレスを感じており、それを解消するために裏垢を持っているということだ。

つまり、本垢で、推しの尊さや他人の悪口、ツルバニアファミリーの赤ちゃんで乳首を隠したセクシーな自撮りを載せ、インスタ映えするカラフルな錠剤を「其れでは皆サマ、左様なら」というつぶやきと共にあげているような人は裏垢を持つ必要がない、ということである。

私も裏垢は持っていない、本垢で言いたいことは大体言ってしまっているので裏垢でまでつぶやくことが特にないのだ。

よって、本垢で言いたいことを言って、ストレスを貯めなければ裏垢なんて作る必要がない、みんな素直につぶやこう、と言いたいところだが、誰もが私のように、失う人間関係や社会的地位がないわけではない。

「マックうめえ~」というような何気ないつぶやきですら、ロッテリアの社長だったら怒られるかもしれないのである。

よって裏垢を持っている女子は、悪く言えば外面が良いタイプで、私のように、見るからに二次元の男しかしなさそうで、本当に二次元の話しかしない女は裏垢をあまりもっていないという

逆に言えば、裏垢というのは体面を気にしなければいけない人間にとって良いストレス解消になるということである。

よって、今のアカウントになんとなくストレスを感じているという人は、もう1つアカウントを作ってみるというのも良いかも知れない。

作ったは良いが、特につくぶやくことがなく、本垢で言いたいことをそのまま言ってしまっていると気付けるのもまた一興である。

次回は2月18日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻をオンライン書店で購入

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻の電子書籍を購入