公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2019.11.26

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#57 SNSのプロフ欄、どうしてる?

SNSで事故に合わないための、プロフ欄との付き合い方。

皆さんは、ツイッターなどSNSのプロフィールをどのぐらい書いているだろうか。

自分のを見てみたら、職業と仕事依頼のメールアドレスぐらいしか書いてない。

仮にもSNSを平和に楽しく使いたいという者として、これはあまり良くないことである。

有名人でもない人間が己のプロフィールを長々書くことには抵抗があるかもしれない。

しかし「特記事項」がある場合は、自分のためにも相手のためにもやはり書くべきなのだ。

例えば、私はエゴサ依存症のクソリツイート野郎だ。

しかしプロフに「エゴサで己を褒めているツイートを見つけ出し、リツイートしないと自分の存在価値を見いだせずに消滅してしまうSNSが生み出した悲しき妖怪です」と書いておかなければそれはわからない、

よって、それを知らずに私をフォローした人が、エゴサでせっせと見つけ出した褒めツイートを本人が恥も外聞もなくリツイートしている様を連続で見せられて「き、気持ち悪い!」と一日寝込んでしまうという事故も起りかねない。

これはプロフィールを詳しく書いておかなかったことによる人災である。

オタクに多いのだが、中にはプロフィールが書ききれないから別ページに書き「フォロ―する際はプロフ必読」と書いている人もいる。

おそらくそれを「面倒そうな人だな」と感じる人もいるだろう。

それこそが目的だ、プロフィールを見て「面倒な奴だな」と思う人に間違ってフォローされないためにプロフを面倒くさく書いているのだ。

そういう人はむしろ全然面倒くさくない。

真に面倒な人というのはプロフに「いろんな人と繋がりたいです!」と書いているのに、いざ繋がってみたら「私そういう話苦手なんでやめてくれますか」と言ってくるタイプだ。

それに比べればプロフが面倒くさそうな人というのは、自分の面倒くさい部分を最初に明示し「お嬢さんお逃げなさい」と言ってくれている、森のくまさんのように親切な人である。

つまりSNSの表示は食品表示のようなものだ。

自分にはこういう成分が入っているので、アレルギーがある人はフォローしないでくれという意味がある。

さらに、自分にもこういうアレルギーがあるので、好意でもそれを勧めないでくれ、という表明でもある。

つまり、プロフィールを細かく書き、フォローする前にそれを読んでくれというのは、自衛でもあるが、他者を守る行為でもあるのだ。

つまり、自分に面倒な部分がある場合は「面倒な奴と思われたくない」などと思わず、プロフに書いた方が良い。

むしろ書かない方があとでお互い面倒なことになってしまう。

皆に好かれたいなどと思わず「お嬢さんお逃げなさい」と言える、森のくまさん精神こそが大事である。

逆に言えば、フォローする際は、相手のプロフぐらい読めということだ。

カワイイおキャット様画像が流れてきて、脊髄反射でフォローしたら「いつもはスカトロイラストを描いてます」という人かもしれないのだ。

フォローする時は、せめてプロフを見る、それをしていなかったら、どんな事故が起こっても「信号を見ないで道路を渡ろうとする方も悪い」ということである。

次回は12月2日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻をオンライン書店で購入

『国家の猫ムラヤマ』コミック1巻の電子書籍を購入