公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2020.12.22

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#113 13歳からツイッターを始めても大丈夫?

最新話更新!

ほがらかSNSライフ担当から「最近13歳の子ども達をこっそりウオッチしている」とメールが来た。

突然の犯罪カミングアウトに戸惑いを隠せないし「自首」以外に言えることはないのだがウオッチしているのは「ツイッターデビューした13歳の子ども達」だそうだ。

十分ヤバい。
中高生の皆様はツイッターを友人や同年代の仲間との交流のためにやっているつもりかもしれない。
しかしツイッターという深淵の一部になったからには「中年に覗かれる」という現実であれば事案がいとも容易く、さらに合法で行われてしまうのだ。
よって、諸君はツイッターをやるなら、自分が中高生であるということをあまり明かさない方がいい、もう「中高生」というだけでウオッチ対象にしてしまう大人がこのガンジス川には大勢いるのだ。
確かにツイッターには悪人しかいないわけではなく、気持ち悪いだけで無害な人がほとんどなのだが、悪人が混じっているのも確かなので「全員悪人」というアウトレイジのポスターを部屋に貼ってから始めることをお勧めする。

それで、13歳をウオッチしている担当によると、13歳たちは「勝手にRTするな」と、以前業界を騒がせた「無断RT」にキレてみたり「敬語を使え!」と13歳らしからぬ理由で怒ってみたりとかなり荒れているらしい。

ツイッターというのは、大の大人でもTLに突如流れてきた刺激的なだけで自分には全く無関係なつぶやきを見ただけで、家族を村ごと燃やされた人みたいな怒り方をしてしまうツールなのである。

つまり、情緒を非常にかき乱されやすい。
しかし、中年以上になると、感情を抑制するストッパーの方はパカパカになって、すぐ怒ったり泣いたりするが、肌の水分量が減るように、元の感情量が少なくなっているので、割とすぐ感情が枯渇して怒りや悲しみが収まる上、物忘れも酷いので明日になったら何に怒っていたのかすら忘れる。
だが、文字通り多感な世代はいつまでも嫌な感情が枯れずに難儀することだろう。

そもそも大人と言うのはツイッター以前にネットというものがどれだけドブ川かという予備知識があるため、ツイッターを見ても「今まで見た中で一番きたねえ川だな」と思うぐらいで済む。
しかし中高生にとっては、最初に入った川が世界一汚かった、というあまりにも苛酷なスパルタ教育である。
ツイッターにいる13歳が妙に攻撃的になったり、情緒を乱してしまっているのは当然と言える。
つまり「酒やタバコは体の成長に良くないから子どもはダメ」というのと同じように、ツイッターは青少年の健全な心の育成を阻害する恐れがあるため、あまり子どもにはお勧めできない。

ツイッターをやるのは今更ツイッターの毒ぐらいではどうにもならないほど、体も精神も毒されきった大人になってからでも遅くない。
むしろそういう、もうどうにもならない大人の終の棲家がツイッターであり、中高生向けの建築物ではないので、もっと嫌な気分にならずに済むコミュニケーションツールを選ぶことをお勧めする。

親御さんはおそらく子供にSNSを使って欲しくないと思っているだろうが、我々がファミコンを止めなかったように止めるのは無理と思われる。

よってせめてインスタに誘導するなど、よりによってツイッターにいかない努力をしよう。

この連載が単行本になります。2021年2月売予定です!

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『部屋から出ないで100年生きる健康法』をオンライン書店で購入

『部屋から出ないで100年生きる健康法』の電子書籍を購入