公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2022.09.06

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#200 「集中モード」と「白黒モード」

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

最新話更新!

『ほがらかSNSライフ』最近のスマホにはデフォルトでスマホ使いすぎ防止機能がついている。
一見親切に見えて、タンクトップに毛皮を羽織っているセレブファッションのような不可解さである。

iPhoneには「集中モード」という、いかにも名前から入ろうとしている機能がある。
仕事時間や睡眠時間など設定した時間内は通話と指定したアプリ以外の通知を切るという単純な機能なのだが、特筆すべきは指定した相手に現在自分が通知を切っている状態であるということを知らせる機能もついているという点だ。

つまり「私、今集中モードだから繋がれないけどごめんね?」とメッセージを送ってきた相手にお知らせする機能である。
良く言ってオフェンシブ、悪く言えば自意識過剰な機能ではないかと思うが、休日だろうが深夜だろうが平気で仕事のLINEを送られがちな昨今である。
それをやられないよう「今オフだから貴様の通知は届かん」という反撃を仕掛けなければ真の自由は手に入らない乱世がやってきたということだろう。
逆に自分にそういうお知らせが来たら、他人に対し時間帯お構いなしに連絡を取ろうとしていないか己の行動を振り返った方がいいかもしれない。
メッセージぐらい良いだろうと思いがちだが、その通知音で寝ていた相手が目を覚ます可能性もあるのだ。
また、メンがヘラり気味の彼女に「寝るのでLINEを10秒以内に返せません」とお知らせするのにも有効である。

これらはスマホから離れるための機能と言えるが、他にもスマホの機能を使って脱スマホをする方法がある。
寝る前にスマホを見るのが良くないのは、スマホ画面はカラフルなため、脳が興奮状態になり眠れなくなってしまうからである。
よって、寝る時はスマホを見ないようにした方が良い。
だが、すでにスマホを見ながら寝オチ以外の寝方がわからないという者もいる。

そんな依存症外来案件の人は、まず画面設定を「白黒」にしてみると良い、という。

今まで何故画面をお通夜色にする必要があるのかわからなかったが、そういう使い方があったとは盲点である。

早速画面を白黒にしてソシャゲをやってみたところ、我々は意外と「色」で物事を判別しているということがわかった。
色でキャラやボタンを認識してタップしていたため、白黒になるとすぐに判別できなくなり、操作に時間がかかったり、ミスタップが増えるのである。

キャラデザやUIはデザインだけではなく色も重要ということがわかった。

そして、白黒モードはソシャゲに適していない。せっかく色でわかりやすく設計してくれているのに、それを白黒でやるのは申し訳ない。

そんなわけで、3分ほどでカラーに戻し、適切な状態でソシャゲを始めた。
何をしようとしていたかは忘れた。

次回は9月13日更新です。

前の回を読む 次の回を読む


    『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

    『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

    OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

    『一億総SNS時代の戦略』をオンライン書店で購入