#260 Xでの距離の詰め方 | Souffle(スーフル)
公式Twitter 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2023.12.05

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#260 Xでの距離の詰め方

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

最新話更新!

『ほがらかSNSライフ』前回「マッチングアプリはプロフィール勝負になるので、強いプロフが作れない奴は永遠に出会えないし、それはXでも変わらない」と書いたが、それはあくまで「声をかけられる側」に徹した場合だ。
顔写真やプロフが魅力的であれば、自分が動かずとも次々に声がかかるが、そうでない者はパーティーの間中、紙皿とQooオレンジが入った紙コップを持って棒立ちするだけの話で、自分から動いて声をかければその限りではない。

もちろん、プロフが弱ければ返信率も低いだろうが、マッチングアプリに個人情報を預け続けるだけになるよりは、ダメ元で声をかけてみた方がまだ進展があるだろう。

しかしモテない人間の真のモテない力(リキ)が発揮されてしまうのは、声をかける側に回った時だという。

これは、出会い系やネットの中だけの話ではなく、他人とコミュニケーションを取る気がある人間なら誰しも気をつけなければいけないことなのだが、出会い系で返事が返ってこない人間は「距離の詰め方がバグっている」場合が多いのだそうだ。

つまりメッセージの第一声が「会いましょう」になっているのだ。
出会って4秒で合体することを目的としたアプリなら、それが正しい作法かもしれないが、特に女性にとっては「知らない男」というのはそれだけでちょっと怖いのである。

ちょっと怖い相手から、いきなり「会おう」と言われたら、もはや怖いでしかなく、恐怖を感じた人間が取る行動と言えば「逃げる」以外ないのだ。

コミュニケーション慣れしている人間であれば、まず自分がどういう人間であるか知ってもらい、相手を安心させた上で会おうという話をするだろう。
しかし、そうでない者は「相手もマッチングアプリを使っているのだから、自分と同じですぐに会いたいに違いない」と思い込んで急速に近づき、相手を高速ムーンウォークさせてしまうのである。

これは出会い系だけではなく、いつも見ている有名人に知り合い感覚になってしまい馴れ馴れしくしてしまったり、初対面の相手に「早く仲良くなりたいから、天気の話なんてしている場合じゃねえ」という自分の一方的な気持ちから、「どんな女が好みだ?」と東堂葵のような初手をかましてしまったり、コミュ症は距離感バグを起こしやすい習性がある。

しかも東堂なら許される、というわけでもなく作中でもいきなりそう聞かれた人間の大半は困惑していたので、現実でやったらいよいよキモイと思った方がいいだろう。

なぜそのようなバグが起こるかというと「自分が早く会いたいから相手もそうに違いない」など、他人との距離を自分基準で測ってしまいがちだからだろう。
やはり、相手より自分の気持ちを優先する人間はモテないのである。

急に自分なんぞに声をかけられたらキモがられるかもしれない、という理由で推しに応援メッセージなどを送ることができないという、奥ゆかしい人も多いと思うが、そう思える時点で実はそんなにキモくないのである。

そうしている間にも、推しのところにはキモい可能性すら考えない真のキモい人のキモいメッセージがガンガンに届いていると思うので、それを励ます意味でも臆せず送るべきではないかと思う。

次回は12月12日更新です。

次回更新が気になった方は、公式Twitterをフォローして更新情報をチェック!

前の回を読む 次の回を読む

コミックスを購入

国家の猫ムラヤマ

カレー沢薫 既刊コミックス『国家の猫ムラヤマ』

紙書籍

2XXX年、人間は絶滅しかけ、どうぶつ達が政権を握るようになった日本。投票率0%で続投決定のムラヤマ総理大臣(ツシマヤマネコ)が国を統治する!! 日本の問題点をあぶり出して燃やす、社会風刺行政ギャグ!! 時事ネタひとコマ漫画「文化庁チンアナゴ長官」も同時収録!!

他の回を読む

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。しかし、唯一無二の居場所のSNSには炎上、マウンティング、キラキラ女子など、闇も広がっているのです。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方コラム。

ご感想フォーム


    『一億総SNS時代の戦略』の紙書籍を購入