公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2020.08.04

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#94 SNSとアドバイス

気軽に質問できるのが良いところですが。

ほがらかSNSライフ最近また世の中悲しいニュースが多く、自ずとSNSもギスギスしている。

よって、ここらで閑話休題として、その昔書いた、美容院に行って美容師に「美容院怖がらなくていいんですよ^^」と言われるという、リア充によりコミュ症に対する「肉眼で見える心遣い」を食らった、みたいな、ぬるい話を書いてはどうか、という提案が担当からあった。

個人的には、あの話は全くヌルくない、むしろ今もこの身を焼き続けているぐらいなのだが、結局どれだけ筆舌を尽くして「辛かった」と言っても、他人には伝わらないし、むしろ「ほっこり」程度に思われているということである。

つまり、SNSでしんどいアピールして「わかる」と言ってくる人間は本当にわかっているわけではないし、最悪ワンチャン狙っているだけの可能性があるということである。

もちろん辛い時SNSに「辛い」と書くのはいい、そのためにSNSは存在していると言って良い。
だが他人にこの気持ちを完全にわかってもらいたい、などというスイートな気持ちで書くことはお勧めしない、ただ吐いてスッキリするためだけの便器と思った方が良い。

全然ヌルくならない上に何か臭くなってきたので話を戻すが、ツイッターの良い点と言えば、もちろんおキャット様の写真が流れて来るところであり、むしろそれ以外は特にない。

しかし、どうしても他に見つけなければ家に火をつける、というのであれば、料理のレシピとか、便利なグッズとか、真似できるライフハック情報が流れて来るところと、何か疑問をつぶやけばどこからともなく有識者が現れて答えてくれたりするところであろうか。

しかし、不倫をしている奴が「不倫はやめない」という不退転の決意をもって「どうしたらいい?」と相談してくるのと同じように、どれだけ有識者のアドバイスが的確でも、相談者がそれを素直に聞くとは限らないのである。

先日から、仕事場の椅子がどう見ても床に対して20度は傾いており「座るだけで腰を破壊する」という、買った時にはなかった機能を備え始めたので、買い替えることにした。

しかし、どのような椅子が良いかわからなかったため、ツイッターで質問してみたところ、様々な椅子情報が寄せられたのだその中に「組み立て式だけはやめといたほうが良い」というアドバイスと共に、バラバラにされている凄惨な椅子の死体写真を送ってきた人がいた。

手先が不器用かつ、箱から取り出した時点で、ネジを2,3個紛失している「なくし手」の持ち主なら瞬時に発狂する映像である。

「組み立て式だけはやめておけ」これは「旧ソ連産の麻薬だけはやめておけ」に並んで私の魂に刻まれた。

はずだったのだが、数日後、椅子の猟奇死体を前に発狂している自分がいた。

もちろんアドバイスを無視したわけではない、アマゾソのページでは「組み立て後の椅子の写真」が掲載されていたので、組み立てられた状態で来るのだろうと思って注文したのだ。

良く考えたら、風俗の見本写真に嬢の胃や小腸などのパーツ写真を載せて指名する奴がいるか、という話であり、組み立て式でも完成写真が見本として載せられているのは当たり前である。
つまり確認不足である。

このように、ツイッターにある質問というのは適当にされているので、アドバイスしても適当にしか実行されないことが多いので、あんまり真面目に、親身になり過ぎないことをお勧めする

次回は8月11日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『部屋から出ないで100年生きる健康法』をオンライン書店で購入

『部屋から出ないで100年生きる健康法』の電子書籍を購入