公式Twitter 公式Facebook 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2021.10.12

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#155 ニュースの見出し問題と、自分のTL

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

最新話更新!

『ほがらかSNSライフ』先日、某国民的男性アイドルグループに所属する二名が同時に結婚を発表するという、事件レベルの大ニュースがあった。
しかし、どこのニュースサイトもこぞって相手の女性のことには触れず、男性アイドル2人が結婚したということのみ見出しに書いたため、あたかも男性同士が結婚したかのようであり、そう誤認した人も少なからずいたようだ。
ここまで行くと、さすがにワザとだろうという気もするし、読み間違えた人もさすがにそれは現在の法律の向こう側を行きすぎているだろうと誤認に気づくだろうが、ツイッターに流れてくるニュースの見出しというのはニュースの全貌を140字以内にまとめたものというわけではなく、パチンコからパを取ったら全く別のものになるように、切り取った結果元のニュースとは全く違う内容になっていることも多いため、その件に言及したければ見出しだけではなく全文読んでからをお勧めする。

またニュースサイトの方も、クリックしてもらうために出来るだけパンチの効いた見出しにするのはわかるが、あまりにパンチが重すぎると見出しの時点で内臓が破裂してしまい本文まで見る気にならないので続きが気になる程度のジャブにしていただけると幸いである。

ともかく、そんな大ニュースがあったのだが、不思議なことに私のツイッターのタイムラインにはこの件を話題にしている人が全くいないのである。
ならばトップアイドルを差し置いて、一体何の話をしているかというと「ラーメン評論家のブログがキモすぎる」という件で持ち切りであり、むしろそれ以外の話を見つける方が困難であった。
ちなみにそういうラノベのタイトルではない、ただ純粋にラーメン評論家の人のブログがキモかったという話題であり、おそらくこれが掲載されるころには誰も覚えていないと思う。
これは、己のTLの水質を保全するためにフォローするアカウントを厳選したところ、台風跡の東京湾の水しか流れてこなくなったという現象だが、生きていくのに適した水質というのは生き物によって違うのだ。
ムツゴロウが泥水の中でしか生きなれないように、私にとってはこの東京湾TLが適温であり、逆に「今日一日をステキにする魔法の言葉」しか流れてこないTLに浸かると一瞬で全身がケロイド状になってしまう。

しかし、あまりにも東京湾に浸かり過ぎると、この水こそが世界のスタンダードという錯覚に陥ってしまうのである。
よって、私も自分のラーメン評論家TLをずっと見ているうちに「今世間は国民的アイドルの結婚よりもラーメン評論家のキモさの方に興味津々」なのでは、という気がしてきた。
冷静に考えればそんなはずはない、リアルの世間話で「あの二人が結婚するとは」という話題が出ることはあっても「あのラーメンブログ読んだ?」と言われることはないだろう。

SNSのタイムラインを自分が快適なように調整するのは大事だが、それはあくまで自分が心地良いように作った世界であり、傍から見ると、ヌルいドブに首まで浸かっている人でしかなく、それを忘れて四万十川の住人に「この温泉気持ちいいから君も入りなよ」と行ってしまったら大事故の恐れがある。
そもそもツイッター自体が巨大なドブみたいなところがある、ドブに浸かって楽しむのは良いが、あくまで「今自分が浸かっているのはドブである」という自覚は必要である。

ちなみに、自分で作っておいて何だが、あのアイドル達が結婚を発表した日に、キモいラーメンブログの話しかしてないタイムラインには戦慄を覚えた。
ドブのチェイサーとして「今日一日を素敵にする魔法の言葉bot」も一つぐらいフォローしていおいた方がいいのかもしれない。

次回は10月19日更新です。

前の回を読む 次の回を読む
『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方とは?

『一億総SNS時代の戦略』をオンライン書店で購入