#271 Xをやめたいだけの人生だった | Souffle(スーフル)
公式Twitter 公式Instagram RSS
Souffle(スーフル) Souffle(スーフル) 息、できてる?
コラム 2024.03.05

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫 最近、SNSが殺伐としていないか?

#271 Xをやめたいだけの人生だった

『ほがらかSNSライフ』カレー沢薫

最新話更新!

『ほがらかSNSライフ』先日、ポストXの呼び声が高かった「ブルースカイ」が招待制をやめ、登録制になったので、私もとりあえず登録したのだが、予想通り本当にとりあえず登録しただけで、今のところ1ポストしかしてない。

このままいくと「Xに何かあった時のための避難所」の数ばかりが増えていき、本当に避難が必要な時アカウント名もパスワードも思い出せないという現象が起きそうな気がする。

だが正直、Xが自分より先に死ぬビジョンの方が思い浮かばない、「Xをやめたいだけの人生だった」という辞世の句すらXに書いて、こっちが先に寿命を迎えるような気しかしない。

おそらく私同様に「Xからの避難所」として、他のSNSのアカウントを3つも4つも作っているX民は多いはずである。
つまり50年もすれば、取得しただけでほとんど使用することなく本人が死に、パスワードがわからず消すこともできない故人アカウントが大量発生するということである。

数年ログインがないアカウントは自動消去するという措置に対し、「故人の思い出だから消さないでほしい」という声もあるが、登録しただけのアカウントが大量に放置され続けるというのは、確かに容量の無駄である。

しかし「周囲の動きに流され、新しいSNSのアカウントをとりあえず何個も作ったが、結局死ぬまでXから離れられなかった」というのは、これ以上なく故人の人柄を表しており、全てに「とりあえず」とだけつぶやかれ、放置されたスレッズやブルースカイ、マストドン、ミスキー、タイッツーアカウントは、遺族にとって故人を忍ぶ大事な思い出だ。

そもそもそういうタイプは全てのアカウントを、同アドレス同パスワードで使用しがちなので、一つ判明すれば全てにログインできる可能性が高い。

もはやXか自分のサ終以外でXから離れることはない気がしてきたが、もちろんその他の理由で離れる可能性はある。

一番可能性が高いのは、何らかの理由による「垢消し逃亡」だが、それ以外だと「Xに本当に人がいなくなった時」だ。

自分のことを「タイタニックに最後まで残った楽団」に例え、Xが沈むまでいる、居座ると公言するX民は多いが、それは同じことを言っている楽団仲間がまだ何億もいるからであり、本当に最後まで一人でシンバルを鳴らし続ける奴はほとんどいないと思う。

これは当然のことであり、SNSはコミュニケーションツールなのだから、コミュニケーションする相手がいないSNSには用がない。
私もXを宣伝ツールとして使っているため、どれだけ治安が悪くても人口が多く、大勢に発信できるXから離れられないのである。

逆に言えばSNSに対し、新しい出会いや、大勢から注目を集めることを求めず、特定の仲間とのやりとりだけを目的としているのであれば、グループ全員で他のSNSに引っ越してもよく、すでにそうしている人たちもいるだろう。

もしかしたら、仲が良いと思っていたグループが、自分には言わずに他のSNSに移動しているということもあるかもしれない。
「最近、みんなXでつぶやかないな」と思ったら、「そういうこと」も想定して心の準備をしておこう。

次回は3月12日更新です。

次回更新が気になった方は、公式Twitterをフォローして更新情報をチェック!

前の回を読む 次の回を読む

コミックスを購入

国家の猫ムラヤマ

カレー沢薫 既刊コミックス『国家の猫ムラヤマ』

紙書籍

2XXX年、人間は絶滅しかけ、どうぶつ達が政権を握るようになった日本。投票率0%で続投決定のムラヤマ総理大臣(ツシマヤマネコ)が国を統治する!! 日本の問題点をあぶり出して燃やす、社会風刺行政ギャグ!! 時事ネタひとコマ漫画「文化庁チンアナゴ長官」も同時収録!!

他の回を読む

OL兼マンガ家から専業作家になったカレー沢薫さんが気づいたのは、「SNSにしか居場所がない」という事実。しかし、唯一無二の居場所のSNSには炎上、マウンティング、キラキラ女子など、闇も広がっているのです。インターネットという大事な居場所を地獄にしないために、カレー沢薫さんが提案する、SNSとのほがらかな付き合い方コラム。

ご感想フォーム


    『一億総SNS時代の戦略』の紙書籍を購入